ITエンジニアだってオシャレしたい

凡人より少しだけこだわりが強いITエンジニアの雑記ブログ

MENU

【2年エイジング記録】JUTTA NEUMANN(ユッタニューマン)アリスの経年変化

もう暑いので、そろそろサンダルの記事を書こうとおもいます。

その名も「JUTTA NEUMANN(ユッタニューマン)」

ユッタニューマン/アリス

サンダルのロールスロイス

界隈では「サンダルのロールスロイス」とも言われるほどの超高級サンダルです。

これ、定価が高くてなかなか手が出せなかったんですけど、数年前原宿のチャオパニックが30%オフやっててラスト一足のマイサイズを発見・・・

考えるよりも先に決済を済ましていました。

こちらのモデルはユッタニューマンでは最も定番人気だと思われる「ALICE(アリス)」というモデルです。

今回はそんなユッタのアリスを約2年履いてみてどんなエイジングなったのかについてなどを書いていけたらと思っています。

ユッタニューマンとは

これ、ぶっちゃけ筆者自身あまり詳しくなく、これを機に調べてみました。

ユッタニューマンとは、ドイツ人のユッタ・ニューマンによって1994年にニューヨークで創業した革製品ブランドだそうです。ブランド名はデザイナーの名前でもあったんですね。

しかも、これ1994創業って筆者と生まれ年が同じじゃん!

余計愛着湧いてきたw!

ユッタさん自身アメリカで長きに渡り革について修行をしていた経歴があるようです。

そこでの経験が、今のクオリティにつながっているんですね。

ユッタニューマンといえばサンダルですが、それ以外にも

バッグやベルトなどの革製品も手掛けているみたいです!

ベンチメイドで一足にこだわる

しかもすごいことが、製造過程における革の裁断の段階から完成まですべての工程を一人の職人さんが担当する、いわゆる「ベンチメイド」にこだわっているところもポイントです。

通常複数人で担当の場所が決まっていて、その部分だけひたすら回していくのが製造過程では効率が良いのですがこのこだわり・・・

効率を度外視し、質を求めるその姿勢。一人の職人が最初から最後まで作ってくれていると思うだけでまた愛着がわくというものです。

ちなみに、アメリカ製です!

履き心地は?

さて履き心地についてですが、最初はめちゃくちゃ硬いです。

断言しますがしばらくは足から血がでます。購入を検討している方、同時に絆創膏の購入も検討してください。

筆者もしばらくは親指の革が当たる部分が靴ずれを起こし甲の部分も固くて苦労しました。

革靴好きな方は経験あるかと思いますが、最初の革が馴染むまではこれは仕方ないことです。この時期を経て、履き込むことでレザーが足に馴染み、最高の一足に育ちます。

2年間履くとレザーはだいぶ柔らかくなり、接地面も足型が跡になるほど馴染んでいきます。

土踏まずのもりっとしたアーチも吸い付くように歩行をサポートしてくれて歩きやすくなりました。自分だけのサンダルのような一体感を感じますね。

ちなみにソールですが、BIRKENSTOK(ビルケンシュトック)のサンダルと同じソールが使われています。安心のグリップ性能とソール交換も可能なので末永く付き合っていけます。

M47とアリス

最近お気に入りのM47前期と合わせる

ワイドなパンツに合わせるととてもハマります。軍パンやデニムがおすすめ
筆者はM47パンツと合わせるのが好きです。M47の記事もいつか書きたいな。 

サイズは黙ってジャストサイズを選ぶべし

上述しましたとおり、素材が革なこともあり履き込むことで多少伸びます。

特に甲の部分ですが伸びを加味して多少きつくてもジャストを選びましょう。

あとは靴と違ってサンダルは捨て寸のことはさほど気にせず、足の実寸に合わせてサイズを決めてください。目安はスニーカーのサイズ-1cmです。

筆者はUS9(27cm)でジャストです。2年間履いてさらに良いサイズ感になりました。

【経年変化】2年エイジングした姿

革製品といえば長年愛用することで起こる経年変化を楽しめるということも忘れてはいけません。

筆者の2年エイジングを御覧ください。

前からみたユッタニューマンアリス
後ろからみたユッタニューマンアリス
色の変化と光沢感が出ています

まず分かるのが、色ですね。新品時ブラックだったものは色が抜け、茶色みが出てきました。またレザーの表面もかなり光沢が出ています。

指の形が刻まれたユッタニューマンアリス1
指の形が刻まれたユッタニューマンアリス2
指の形までしっかり刻まれています

しかも、表面は足の形がくっきり刻まれ、指まで分かるくらいになりました。笑

ここまでエイジングが進むと、もはや手放せないでしょう。これが古着屋にあってもちょっとためらうよな・・・

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

これから夏も本番。サンダル今年どうしよう、と考えている方是非ご検討ください。

中途半端なサンダルを毎年買い替えるくらいなら、ここらで一発至高のサンダルを購入して一緒に育てていきませんか?

きっと最高の相棒になってくれますよ!

それでは!!!