ITエンジニアだってオシャレしたい

凡人より少しだけこだわりが強いITエンジニアの雑記ブログ

MENU

【待望のApple pay対応】PASMOユーザーによるPASMOユーザーのための初めてのApple pay設定方法

ついに、

ついにこのときが来ましたね!

PASMOがApple pay対応しましたよ。いややっとだよほんと。

今回はPASMOユーザーのための「初めてのApple pay設定」についてご紹介します!

目次

PASMOユーザーのための初めてのApple pay設定方法

f:id:camphor-tree:20201010140132j:plain

筆者は生粋のPASMOユーザーです。というのも、上京してから3回ほど家を引っ越しているのですが、どこもJRではなかったためSuicaとは無縁だったんですよね。

職場への通勤経路も最短ルートではJRを経由しないため定期券もSuicaにできず・・・まわりの人がみんなapple watchやiphoneで改札を通過しているのをいいなあと思いながらみていました。

チャージも毎回券売機に並んで札を入れてっていうのが面倒だったので、今回のPASMO対応はだいぶ嬉しいです。

筆者のような生粋のPASMOユーザーも多いハズ。この手順でやればかんたんにできるので、早速いきましょう。

①Walletアプリを開き、追加ボタンをタップ

f:id:camphor-tree:20201010141120p:plain
f:id:camphor-tree:20201010140156p:plain

walletアプリはプリインストールされているapple payに登録するためのアプリです。まずはこれを開いて、カードの追加をしていきましょう。

②PASMOを選択

f:id:camphor-tree:20201010140202p:plain

そして次に交通系ICカードからPASMOを選択します。前はここにSuicaしかなかった。歓喜。

③新規追加の場合は金額を入力 カードを持っている人は赤枠を選択

f:id:camphor-tree:20201010140209p:plain

ここで初期登録の画面になるのですが、本記事では既存のPASMOユーザーをターゲットにしているので今回こちらの説明は省きます。

カードを持っている人は移行が必要なので、「お手持ちの交通系ICカードを追加」を選択してください。

④PASMO ID番号の下4桁と生年月日を入力

f:id:camphor-tree:20201010140213p:plain

PASMO IDの末尾4桁を入力するのですが、どこかわからない方はお手持ちのカードの裏面の右下部分をご覧ください。

PBからはじまる文字の羅列がありますが、それがPASMO IDです。ここの末尾4桁を入力しましょう。

f:id:camphor-tree:20201010140220p:plain

利用規約が表示されますのでしっかり読んで、問題がなければ「同意する」を選択してください。

⑤カードをiphoneの背面に当てて転送を行う

f:id:camphor-tree:20201010140228p:plain
f:id:camphor-tree:20201010140234p:plain
f:id:camphor-tree:20201010140239p:plain

カードをiphoneの背中に当ててください。すると現在のカードに入っている残高や定期券情報を転送することができます。

「カードが追加されました」という表示がでたら登録完了です!

注意点ですが、転送されるともとのカードは無効使えなくなってしまいますのでカードで改札を通ろうとしてもエラーになります。複数人で共有しないようにするためですね。

転送が完了したカードは破棄してしまいましょう。

これであなたもカードレス

f:id:camphor-tree:20201010140249p:plain

さて登録できましたか?登録すると残高が表示されるのですが、カード作成時にデポジット料金として払っていた500円が含まれているので、残高が500円増えていると思います。

これでiphoneで改札が通れるわけですね。

実際に使ってみたのですが、改札を入ってから出るまで通知バーに「移動中」と表示されたり

電車を降りたあとにどこから乗ってどこから降りたか、また運賃がいくらで残高がいくらか、といった詳細な情報も通知してくれるのでものすごく便利です。

もちろん、交通系ICカード決済の際にもiphoneで決済できますよ!

 

それでは良いモバイルPASMOライフを!!