ITエンジニアだってオシャレしたい

凡人より少しだけこだわりが強いITエンジニアの雑記ブログ

MENU

【米】ブルックスブラザーズが経営破綻! 日本はどうなる?

ニュースを見た時かなりびっくりしました。。。

米国のブルックスブラザーズが経営破綻したとのことです。

今回は米ブルックスブラザーズが破綻したことによって起こりうる日本市場の変化について書いていきたいと思います。

米ブルックスブラザーズはなぜ破綻した?

ブルックスブラザーズはなぜ倒産した?

ブルックスブラザーズといえばアメトラ(アメリカントラディションナル)を代表するファッションブランドです。

その歴史は200年以上にも及び、初めて既成(吊るしともいう)のスーツを販売したとして知られています。当時はスーツは仕立ててもらうのが当たり前となっており、完成に時間がかかるのが常識だったため革新的だったと思います。

現代でもスーツやネクタイをはじめとしたトラッドアイテムを数多く展開し、百貨店に行けば置いているお店も多かったはずです。

 

そんなアメリカの超定番ブランドなブルックスブラザーズも、コロナウイルスには勝てなかったということです・・・。

コロナウイルスが蔓延してしまった影響で世界中で完全自粛ムードになったことにより

お店も一部閉店せざるを得なかったこともありますが、

消費者である我々の働き方というのも短期間で大きく変化したと思います。

 

筆者の会社もリモートワークがベースになりお客さんとの打ち合わせもリモートで実施することが当たり前になりました。

そうなるとスーツやネクタイを着用するシーンってどうしても減ってしまうと思うんです。

直接会う時はスーツを着ていたけど、リモートのときは会議5分前に部屋着の上から襟付きのシャツを着て参加をしちゃっているのは筆者だけではないはずです。(だよね?)

ただでさえ私服通勤の会社も増えている中、ここでの追い打ちというのがトドメになった可能性は非常に高いです。

ブルックスブラザーズはどうなる

ブルックスブラザーズはどうなる

経営破綻となったわけですが、まだブルックスブラザーズが無くなるわけではないそうです。

現在米ブルックスブラザーズは買収先を募集してるとのこと。

どこの会社の傘下になるかで、扱いは変わってくるでしょうがここは現状見守るしかなさそうです。

筆者的には「ブルックスブラザーズ」というブランド名はぜひとも残して欲しいと考えています。名前の響きが好きなんです。アイテム一つも持ってないけど。

 

また、ややこしいですがブルックスブラザーズジャパンは継続します。

というのも、ブルックスブラザーズジャパンというのはダイドーリミテッド社との合併会社ということもあり、米ブルックスから独立して扱われているため

日本で手に入るアイテムは継続して販売されるとのことです。突然伊勢丹から売り場が消えたりすることはなさそうですね。良かったー。

価格は高騰する可能性は十分あり

ブランドとして完全に終了のお知らせにはならないにしろ、一区切りがついてしまった米ブルックスブラザーズ。

となると懸念されるのが現在の在庫です。

生産終了するということは現在市場にでているもので終わりということですので、当然価値は上がるかと個人的に思っています。

今の米ブルックスブラザーズがお好きな方は早めの行動をしたほうが良いかもしれません。

フォーエバー21が破綻したときも米国の在庫処分時は人がやばかったみたいですからね。

きっと同じようになることでしょう。

まとめ

200年もの歴史のある由緒正しいトラッドブランドが経営破綻という大きすぎる出来事を受け、筆者も改めてコロナウイルスが世界に与えた影響がとてつもないということを感じました。

日本でも緊急事態宣言が解かれてから200名を越える感染者が出たり、まだまだおさまる気配は一向にありません。

感染予防に努めながら、とにもかくにも早めの収束を願うばかりです。

みなさんも体調・健康には十分注意して生活をしてください。