ITエンジニアだってオシャレしたい

凡人より少しだけこだわりが強いITエンジニアの雑記ブログ

MENU

【ミリタリーなダッドシューズ】 イギリス軍のMAGNUM(マグナム)を紹介!

 季節はもう6月。

このブログを開設してからというものまったく記事を更新せずにのほほんとしていました。。。

今回はマグナムというイギリス軍に正式採用されているトレーニングシューズについて書いていきたいと思います。

ミリタリー好きの足元を飾ってくれる非常にかっこいい一足です。

マグナムトレーニングシューズ

マグナムトレーニングシューズ

 

マグナムとはミリタリー界のダッドシューズ

さてマグナムとは一言で言うなら、

「ミリタリー界のダッドシューズ」でしょうか。

1982年にHI-TECというイギリスのアウトドアブランドが軍からの依頼を受け、

「MAGNUM」というブランドが誕生しました。

軍というのは国を守るために戦う組織なわけで、そこから依頼を受けるというのは相当な信頼と実績があるということですね。

今日もイギリスの軍人さんがユニフォームとして着用しているトレーニングシューズなんです。

マグナムのデザイン

ブランドの紹介ができたので、今度は写真多めでデザインを見ていきましょう。

magnum

サイドビュー

サイドにはブランドネームであるMAGNUMが記載されています。

この絶妙な名前。どこか中二病くさいけど嫌いじゃない。

 

magnum
magnum
フロント

正面からみるとこんなかんじ。

うおおお、なんだろうこの溢れ出る「お父さん感」は。

昨今人気のダッドスニーカー、「バレンシアガ」・「ホカオネオネ」を彷彿とさせるデザインですが、しっかりミリタリーっぽさもあってかっこいい。

つま先のメッシュと合皮の切り替えのデザインが特徴的。 

magnum
magnum
ソールは安心のビブラム社製

ここ、すごく大事。

この黄色いマークを見ただけで思わずグッドボタンを押してしまう人も多いのでは。

ビブラムソールを使っているだけあって、グリップ感がすごい!ほんとに滑らない!

受験生の皆さんは受験当日はこれを履きましょう。(スベりませんが筆者はスベってる)

歩いている後ろ姿にちらっと見える黄色いマークが個人的にツボ。

magnum

一応ベロ裏も

タグはこんなかんじ。

これは現行モデルなのでこのデザインですが、一部ヴィンテージのものはイギリス軍正式採用の証である「ブロードアロー」がついています。ヴィンテージは見つかるものはほぼほぼユーズドで、デッドストックはかなり高値で取引されている模様。

スニーカーはやはり新品で購入したかったので、今回ここは妥協しました。 

マグナムの履き心地は軽くて安定感抜群

履いてみた感じ最初に感じたのは軽さと安定感でした。

メッシュを使いながらも側面は硬い素材で支えられているからか、軽い靴にありがちな不安定さというか、横にずれる感じがありません。

またクッション性にも優れており、硬すぎず柔らかすぎずの程よいバランスをたもっています。

イギリス製ニューバランスに代表されるM1500やM576のような履き心地に近い。

先述しましたがソールがビブラムなのでグリップ性能も高水準です。

magnum

アンチバクテリアシステム

ライニングの部分にプリントされた「ANTI-BAC」の文字

これはアンチバクテリアシステムといって、いわゆる「抗菌・消臭」です。

イギリス軍正式採用なだけあってこの辺も抜かりなしといったところ。

国のために日々訓練を行い汗だくになるであろう軍人さんも快適に履けますね。

気になるサイズ感

さて、サイズ感についてですが

靴を買うにあたってかなり重要なポイントととも言えます。

ボリューミーなデザイン通り、横幅も甲周りもゆったりしている気がします。

足を入れて、指が比較的自由に動くのでリラックスして履けますね。

筆者は28cmを購入しました。

 

1番はやはり取り扱い店舗に行き実際に試着をすることです。

それに勝るものはありません。

取り扱い店舗は大手セレクトショップの

  • ジャーナルスタンダード
  • SHIPS

などでは確認できました。

しかし近くに取り扱い店舗が無い!

ほしいのにサイズ感が分からない!!

そんな方のために筆者独自のサイズチャートを作成しました。

といっても自分のコレクションの一部のサイズを表にしたものですが。

ブランド モデル サイズ 備考
ニューバランス M992 US10 ニューバランスは全部US10でいけてます
コンバース CT70 US9  
リーボック ポンプフューリー US10 10Hでもいけるがジャストは10。空気パンパンに入れると横はすこし窮屈
ナイキ AIRMAX 90 US10H ナイキは基本的にハーフサイズアップでいける
VANS オールドスクール、オーセン、エラ etc US10  VANSはすべてUS10
オールデン モディファイドラスト(Vチップ) US9 オールデンはモデルというよりラストで
ジェイエムウェストン ゴルフ UK8 ウェストンのドSなサイジングについてはいつか記事に書きます
パラブーツ シャンボード UK8 コルクが沈んでくると少しゆとりができてくるが問題なし
ハインリッヒディンケラッカー リオ UK8 これもいつか記事にしたいなあ、とにかく無骨
ユッタニューマン アリス US9 サンダルは足の実寸的に27cm程度でいけます

と、こんな感じ。すこしでも参考になれば幸いです。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ざっと紹介してきましたが、いかがでしょうか。

最初の画像をみて、「なにこれ休日のお父さんやん。ダサ」

って思った方も、ブランドの歴史や軍に正式採用された機能性やディテールを知ったことによってだんだんとかっこよく見えてきませんか?

目が一度慣れてしまうと愛くるしいデザインだと筆者は思います。

何よりミリタリーが好きな人にはおすすめしたい一足ですし、

ホカオネオネ的なデザインが好きな人にも履いてもらいたいです。

これなら周りと被りません。しかも価格も税込み14000円程度なのでホカオネのボンダイ6とかと比べてもだいぶ安いのも良いところ。

モノトーンで合わせるのも良し、色モノコーデに足元で締めるのも良し

ぜひ一度ご確認くださいな。

  

それでは!